2018年05月15日

姿勢

毎年4月になるとギックリ腰の患者さんが多くなります。4月は遠方から多くの患者さんが治療に来られました。
今年は5月になってもギックリ腰の患者さんが多く来られてます。
例年に比べて温度の変化が激しいことも体調を崩しやすい原因なのかも知れません。

今回は姿勢についてです。

デスクワークの方や、自宅でイスの生活をしている方に聞いてもらいたい内容です。
そこで、”いい座り方”、”ダメな座り方”を説明します。

まずは、ダメな座り方。
下の図で見て頂くとよくわかると思いますが、背もたれと腰のあいだに空間ができてます。
一見すると楽そうな姿勢ですが、非常に腰の関節に負担がかかる姿勢です。
この姿勢で長時間座ってると、確実に腰痛になります。
chair02.jpg

次に、いい座り方です。
下の図のように、背もたれにお尻が付くくらい深く座ることで、お尻の骨(坐骨)に上半身の体重が載り、腰の関節に負担を掛けません。
chair01.jpg

このように、少し意識して座るだけで腰痛予防になります。

今は季節の変わり目で体のバランスが崩れやすいです。
ぎっくり腰になった場合は、すぐに当院で治療を受けて下さい。

田原台鍼灸整骨院
〒575-0012
大阪府四條畷市下田原1387-4
TEL:072-865-6573
URL : http://tawaradai-ss.com/
posted by 院長 at 19:48| Comment(0) | 日記